取扱商品

ホーム > 取扱商品 > 投資信託 > 定時定額買付

投資信託の定時定額買付

定時定額買付とは?

定時定額買付は、投資信託を毎月一定金額で継続的に買付けるもので、買付時期を分散することにより中長期の資産形成に向く証券投資手法です。

ポイント
1

少額から投資がはじめられます!

最低10,000円から投資が可能。一度にまとまった投資資金のない方でも、ご自身の資金計画にあわせて長期的に投資ができます。

ポイント
2

毎月決まった日に自動的に買付します!

毎月MRFから自動引き落しで買付いただくため、投資タイミングに悩むことがありません。

ポイント
3

「ドルコスト平均法」で平均買付単価を抑える効果が期待できます。

ドルコスト平均法とは、毎月一定金額を定期的に買付していく方法。 基準価額が下がった月はより多くの口数を取得できるため、平均買付単価を抑える効果が期待できます。

例えば・・・毎月10万円ずつ買付した場合

基準価格(1万口当たり)
1カ月目 2カ月目 3カ月目 4カ月目 5カ月目 合計 平均購入単価
一括購入 500,000円
(500,000口)
500,000円
(500,000口)
10,000円
定時定額買付 100,000円
(100,000口)
100,000円
(166,667口)
100,000円
(83,334口)
100,000円
(125,000口)
100,000円
(71,429口)
500,000円
(546,430口)
9,150円

※上記数字は仮定のものであり、将来の成果を約束するものではありません。
また、計算過程において手数料は考慮していません。

上の図のケースでは、ドルコスト平均法を利用することにより同じ投資金額でも一口当たりの単価が安くなります。

ポイント
4

買付方法はご希望に合わせて自由に設定することが可能です。

毎月一定金額の買付のほかに特定月に増額する買付、隔月での買付、期限を設定しての買付が可能です。

投資信託ご購入にあたって

投資信託にご投資いただく際は、各商品に所定の手数料や諸経費等をご負担いただきます。また、各商品には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品へのご投資にかかる手数料等およびリスクにつきましては、当該商品の目論見書および補完書面等をよくお読みください。
目論見書等につきましては、営業店にご照会いただくようお願いいたします。(目論見書等をご覧にならないと、新規注文はできませんのでご了承ください。)