採用情報

ホーム > 採用情報 > 先輩社員インタビュー

先輩社員インタビュー

地域に根ざした活動で日本経済を元気づけたい 三島支店 2011年入社
丹羽将司(教育学部卒)
8:00
出社。経済新聞及び株式新聞をチェック。
8:40
朝礼。留意事項の連絡。
9:00
本日の相場観についてお客さまに電話連絡。
10:00
既存のお客さまの運用の見直しやフォローで訪問3件。
12:00
昼食。午前中の事務処理。午後に訪問予定のお客さま用の資料作り。
13:45
法人顧客訪問。今後の相場について運用の見直しを検討していただく。
16:45
帰社。事務処理。明日の相場について顧客へ前ふり。
17:10
終業。

静岡銀行グループという基盤の強さ

お客さまの近くで中長期的視野での資産運用に携われるところと、地元静岡で地域に根ざした営業活動ができるところが魅力で他の証券会社から静銀ティーエム証券に入社しました。 現在は個人・法人のお客さまに対し商品の提案や相場環境や顧客ニーズに応じたフォローや見直しなど資産運用のパートナーとして営業に取り組んでいます。

入社してから実感したことは他社とは違い静岡銀行グループという基盤の強さです。 当社には静岡銀行を中心に様々な会社や個人のお客さまとのネットワークがあり、本来ならなかなかお会いできるチャンスのない方々でも、名刺ひとつでお会いしていただけるところなどは、仕事がやりやすく整った環境だと実感しています。

周囲からのサポートと感謝

上司や先輩、同僚やクライアントを紹介してくれる銀行の方々など、いつも人間関係には感謝しています。

大きなビジネスほど周囲からのサポートが必要になり、相談にのっていただける先輩方、背中を押してくれる上司の方のおかげで今の自分が成り立っているんだと実感することは多いです。 そういった周囲からの助けを活力に、また感謝の意味も込め、より多くのお客さまに資産運用の必要性をご理解いただき、当社を通じて日本経済を元気にする一端を担うことができればと考えています。