勧誘方針等

ホーム > 勧誘方針等 > お客さま本位の行動計画

静岡銀行グループの「お客さま本位の業務運営方針」および
静銀ティーエム証券の「お客さま本位の行動計画」について

静岡銀行グループでは、基本理念「地域とともに夢と豊かさを広げます。」を実践するため、お客さまの資産形成・運用関連業務における「お客さま本位の業務運営方針」を制定しました。
「お客さま本位の業務運営方針」は、資産形成・運用関連業務を行うグループ会社(※1)で共通の方針として定め、同方針に基づいた具体的な取組み(「お客さま本位の行動計画」)をグループ各社で策定し、実施します。
(※1)本方針の対象となるグループ会社:静岡銀行、静銀ティーエム証券

静岡銀行グループにおける「お客さま本位の業務運営」イメージ図

  1. 静岡銀行グループ「お客さま本位の業務運営方針」

    静岡銀行グループは、基本理念「地域とともに夢と豊かさを広げます。」を実現するため、お客さまの資産形成、運用関連業務における「お客さま本位の業務運営方針」を制定し、同方針に基づいた取組みを継続的に実施します。
    (1)
    お客さまの最善の利益の追求
    静岡銀行グループは、高度の専門性と職業倫理を保持し、お客さまに対して誠実・公正に業務を行い、お客さまに最善の利益が提供できるよう努めます。また、こうした業務運営が企業文化として定着するよう努めます。
    (2)
    利益相反の適切な管理
    静岡銀行グループは、取引におけるお客さまとの利益相反の可能性について正確に把握し、利益相反の懸念がある場合には、適切に管理します。
    (3)
    お客さまにふさわしいサービスの提供
    静岡銀行グループは、お客さまの資産状況、取引経験、知識および取引目的・ニーズを正確に把握し、お客さまにふさわしい金融商品・サービスの提案・販売等を行います。
    (4)
    重要な情報の分かりやすい提供
    静岡銀行グループは、金融商品・サービスの提案・販売等にかかる重要な情報を、お客さまに正しく理解していただくため分かりやすい内容で提供します。
    (5)
    手数料等の明確化
    静岡銀行グループは、お客さまに負担していただく手数料その他の費用について、どのようなサービスに関する対価であるかなど、お客さまに正しく理解していただくため、詳細な情報を提供します。
    (6)
    従業員に対する適切な動機づけの枠組み等
    静岡銀行グループは、お客さま本位の業務運営を促進するため、従業員の評価体系、研修その他の適切な動機づけの枠組みやガバナンス体制を整備します。
  2. 静銀ティーエム証券「お客さま本位の行動計画」
    (1)
    お客さまの最善の利益の追求
    • 静銀ティーエム証券は創業以来、地域に根ざし、お客さまの資産形成に資する提案営業に徹することを経営の理念に掲げており、お客さまの信頼を獲得し長くお取引いただけるよう、ニーズに合った適切な金融商品・サービスの提供に努めます。
    • 静銀ティーエム証券では、静岡銀行グループの「お客さま本位の業務運営方針」に基づいた具体的な取組みである「お客さま本位の行動計画」を策定し実施します。
    • 「お客さま本位の行動計画」の取組状況を定期的にモニタリングしたうえで、取締役会等に定期的に報告し、その結果を年1回公表します。
      また、モニタリングの結果、必要に応じて「お客さま本位の行動計画」を見直し、「お客さま本位の業務運営」が企業文化として定着するよう努めます。
    (2)
    利益相反の適切な管理
    • お客さまに提供する金融商品の選定を行う場合は特定の運用会社に偏ることなく品質の高さを重視して選定します。
      また、お客さまの投資目的や投資経験、リスク許容度等に応じて、適切な金融商品を選択していただけるよう商品ラインアップの整備に努めます。
    • 利益相反のおそれのある取引を特定、類型化し、類型ごとに管理方法を定めて適切に管理します。
    (3)
    お客さまにふさわしいサービスの提供
    • 静銀ティーエム証券では、お客さまの資産状況・取引経験、知識および取引目的・ニーズ等を把握したうえで、お客さまにふさわしい金融商品・サービスの提案・販売を行います。
      また、お客さまの投資効果の向上に向け、資産の分散、投資時期の分散などの提案を行います。
      複雑な金融商品(仕組債)については、社内に販売資格を設けるとともに、お客さまの年齢、投資経験等による基準を定め、勧誘開始、取引の可否を判断するなど慎重な対応を行っており、場合によっては提案を控えさせていただくこともございます。
    • 初心者や投資経験の浅いお客さまに対しては、低リスクの金融商品や比較的単純な金融商品を中心にご案内し、分かりやすい説明に努めております。
    • お客さまの金融リテラシーの向上に資するため、投資セミナー、運用報告会開催等の取組みを実施します。
    (4)
    重要な情報の分かりやすい提供
    • 静銀ティーエム証券では、金融商品・サービスを提案・販売するにあたって、重要な情報(お客さまが契約等の内容を判断するのに必要な、金融商品・サービスのリスク、リターン、取引条件、提案する金融商品の選定理由等)について、お客さまの投資経験や金融知識、また金融商品・サービスの複雑さに合わせて、販売用資料等を用いて分かりやすく説明します。
    • タブレット端末を活用し、投資信託について過去の実績、リスク・リターン、トータルリターン、複数商品の比較等を表示し、分かりやすく説明します。
    (5)
    手数料等の明確化
    • 静銀ティーエム証券では、お客さまが負担する手数料等について、当該手数料等がどのようなサービスの対価に関するものかを含め、分かりやすく説明します。
    • 当社がいただく手数料は、商品のご提案や情報提供等に係る人件費、各種資料・報告書等の作成・送付費用、システムによる口座やお取引の管理のための事務コスト等を総合的に勘案した対価となっております。
    (6)
    従業員に対する適切な動機づけの枠組み等
    • 静銀ティーエム証券では、お客さまの最善の利益の追求に向け、手数料収入に偏ることなく、お客さまの資産形成に資する預り残高の増加に関する評価項目を盛り込んだ目標設定・業績評価体系とするなど、従業員への動機づけに取り組んでいます。
    • 研修による指導や外部専門資格取得の推奨を通じて、お客さまの様々なニーズにお応えできるコンサルティング能力を備えた従業員の育成に取組みます。

    静岡銀行グループ「お客さま本位の業務運営」の取組状況について